本気を創る力

裏表のないプロフェッショナルなおつきあい。

WEBの世界

インタネットでの制作とマーケティング。

WEBデザイン

SEO内部対策も踏まえた訴求力の高いホームページ制作。

SEO対策

内部対策・外部対策を合わせた検索上位表示のお手伝い。

マーケティング

インターネットにおける様々なマーケティングをご紹介します。

ブログ

日常や気になることなどを綴っています。

Web3とは?

WEB3

Web3というのは、パブリック型のブロックチェーンを基盤としたインターネットの概念でWebアプリの構造を根底から変えるもの。

中央集権的な管理組織を必要としない分散型インターネットを基盤とした技術やサービスで、2014年に暗号資産イーサリアムの共同創設者であるギャビン・ウッドによって作られました。

ピア・ツー・ピアのインタラクションが、ネットワークを介した新世代の商取引や社会の核となり、これまで情報や価値の流れを主に管理していた中央集権型プラットフォーム/サーバや、中央集約的な権限は利用されなくなるということから、GAFAからの支配から逃れられると評判でもあります。

ウィット・アンドリュースは「Web (1.0) の背後にあった考え方は「誰でも情報を発信できるようにする」であり、Web 2.0では「読み手が書き手にもなる」となり、さらにWeb3では、Webのユーザーすべてに自律的能力とコントロールする権利を付与しようとしています」と述べています。

簡単に表現するのであれば「分散型インターネットの時代」で、今のネット社会は、GoogleやAppleなどの巨大企業が権力を持っており、特定企業に個人情報が握られることによるプライバシーの問題やセキュリティのリスクがあります。

そんな5大企業 GAFAM (Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)により独占されている権力の個人分散を目指すものともいえ、 ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨で広く使われているブロックチェーン技術が、Web2.0 の問題を解決すると考えられています。

大きなメリットとして、セキュリティレベルが向上することが挙げられ、分散型ネットワークでは取引情報などが暗号化され、さらにそれが複数のユーザーで共有されるため、特定の企業やサーバーに情報が集約されるようなことになりません。

また国境の制限なくサービスを利用できるようになることも大きく、日本ではあまり感じることありませんが、中国ではグレート・ファイアウォールと呼ばれる検閲システムが存在し、政府によりGoogleやTwitter、YouTubeといったサイトへのアクセスが禁止されており、政府にマイナスとなる情報は規制されています。

しかしWeb3では機能しませんし、、誰でも自由に希望するサービスへのアクセスが可能となります。

F2-423およびF4-423のNASを発売

F2-423およびF4-423

革新的なストレージ製品のスペシャリストであるTerraMasterが、最新のF2-423(2ベイ)およびF4-423(4ベイ)NASデバイスを発表。

プロシューマおよび中小企業向けの強力なエントリポイントであるF2-423とF4-423は、マルチユーザー環境においても優れたパフォーマンス、オフィスITシステムに統合可能な機能を提供し、いずれの製品もTerraMaster社製USB DASデバイスと組み合わせることで、ビジネスの成長に合わせてストレージスペースを複数にしたり、拡張したりすることが可能となっています。

アップグレードした性能と信頼性の高いオペレーション

F2-423とF4-423は、アップグレードされたCeleron N5105/5095クアッドコアCPUを搭載し、ピーク速度が2.9GHzと高速になり、電力効率も前世代より向上。インチップのAES-NIエンジンはリアルタイムの暗号化機能を提供し、専用の4Kマルチメディアデコーディングエンジンは、NASからの直接ビデオストリーミングの信頼性と電力効率を向上します。

423シリーズは高負荷のテスト環境において、ファイルおよび写真の検索速度が37%、データベースの応答速度が35%、WebページのPHP応答速度が40%向上するなど、前世代と比較して最大50%の性能向上を達成。

2.5GbEツインコネクティビティ

 2つの2.5GbEポートは、個別に使用することも、5Gb/秒のネットワーク帯域幅に集約することも可能で、データ転送速度は実際の環境(Seagate IronWolf 18TB、RAID 0)で最大283MB/秒に達し、マルチユーザかつ高負荷のファイルアクセスに対応する、コスト効率の高いソリューションを提供。

ビジネス中心のアプリケーション

様々なファイルサービス(SMB、AFP、SFTP/FTP、iSCSI、NFS、WebDAV)をサポートし、異なるネットワーク環境におけるクロスプラットフォームのファイルサービスのニーズに対応することができ、いずれもWindows ADドメインとLDAPをサポートしており、既存のビジネスIT環境にシームレスに統合することが可能で、権限管理によりデータの安全性を確保することができます。

クラウドサービスを含む様々なバックアップソリューションに対応しているほか、Docker-composeやPortainerとの連携により、VirtualBoxやDockerなどのプロフェッショナル向け仮想化アプリケーションも利用可能。

メディアストリーミング

4Kデコードに対応しており、TerraMasterの内蔵マルチメディアサーバーやサードパーティーのアプリを使って、コンピューター、スマートフォン、メディアプレーヤー、スマートテレビなどのネットワークデバイスにビデオを直接ストリーミングすることが可能。

Wireless GO II

Wireless GO II Single

RODE Microphonesのワイヤレスマイクシステム「Wireless GO II」のラインナップに、「Wireless GO II Single」が追加されています。

Wireless GO II
Wireless GO II 

「Wireless GO II 」は、デュアルチャンネル対応の受信機と2台の送信機で構成される、非常に多機能で超コンパクトなワイヤレスマイクシステムで、各送信機に内蔵されたマイクによる高音質な録音やステレオ/モノラルトラックの切り替え、カメラに加えてコンピュータやスマートフォンにも対応した幅広い出力方式、伝送距離の延長と安定性の向上、そして専用アプリから切り替えできるオンボードレコーディング機能などが特徴で、今回の「Wireless GO II Single」は、受信機と送信機を1台ずつにしたシングルセットで用意されました!

Wireless GO II Single

2.4GHzデジタル通信により約200mの長距離伝送を実現し、専用アプリ「RODE Central」で拡張機能を設定できるほか、各送信機に直接録音をすることができるオンボードレコーディング機能も備え、受信機側は3.5mmTRS出力とUSB-C端子を備え、アナログ出力に加え、デジタル出力(48kHz/24bit)にも対応。

なお、USB-CでPCやスマホ、iOSデバイスと接続する際には別途RODE製対応ケーブルが必要となります。

価格は、34,100円(税込)で、音声出力レベルは受信機側で、0dB、-12dB、-24dBの3段階で設定でき、専用アプリでは0dB〜-30dBの範囲で10段階まで拡張可能。

ゲインコントロール機能は、3.5mmTRS端子からのアナログ出力のみに有効で、USB-C端子からのデジタルオーディオ出力では、録音ソフト・アプリでの調節が必要となります。

また、便利に使うためのアクセサリー類も取り揃えられ、送信機に接続をして襟元などに目立たず装着できるラベリアマイク「ラベリアII」や、ワイヤレスゴーIIの送信機をマグネットで襟元などに取り付けられるクリップのセット「フレックスクリップゴー」、送信機をコンパクトなハンドヘルド型マイクに変換するアダプター「インタビューゴー」など、さまざまなシチュエーションに合わせて最適なアクセサリーが選べるようです。