本気を創る力

裏表のないプロフェッショナルなおつきあい。

WEBの世界

インタネットでの制作とマーケティング。

WEBデザイン

SEO内部対策も踏まえた訴求力の高いホームページ制作。

SEO対策

内部対策・外部対策を合わせた検索上位表示のお手伝い。

マーケティング

インターネットにおける様々なマーケティングをご紹介します。

ブログ

日常や気になることなどを綴っています。

9月Webサイト向けCMSシェア

WordPressとShopify

Q-Successが発表した2021年9月のWebサイト向けCMSのシェアによれば、2021年9月はWordPressとShopifyが増加しているのだそうで、CMSを使っていないWebサイトのシェアは減少、インターネットはますますWordPressを利用する傾向が強まっているのだとか。

まぁ、これはなんとなくわかる気がしますね。

一時期、セキュリティやサイトスピードなどによって、静的サイトがいいなどと盛り上がっていましたけど、結局、コンテンツなどの管理・更新のことを考えると、初心者にはワードプレスのほうが簡単ですし、静的サイトを生成するNext.js ・ Gatsby ・ Hugo ・ NuxtJS ・ Jekyllなど、開発者目線でしか語られていませんでしたからね。

もちろん使い方を覚えればいいのでしょうけど、パソコンに疎い人に開発環境を整えさせたり、「ビルド」させるのはあまりに敷居が高すぎですよね。

そう考えると、ワードプレスが復権するのは当然といえば当然です。

賛否はありますけど、ワードプレスのブロックエディタ(Gutenberg)は、タグを知らない人でも何となく使えば、それなりにやりたいことが実現できますし、htmlなどの知識がなくても更新作業は行えますからね。

コマンド入力を覚えてもらうよりも簡単ですし、やっぱりCMSは強いと思います。

Shopifyについては、サブスクリプション型のサービスモデルでECサイトを開設できる容易さが評価されており、さらには多言語・多通貨・海外配送も簡単にできるため人気となっているのでしょうね。

モールに参加するのもいいのですが、やはり自社サイトでECを運営したほうがいいですからね。

「 freeeカード Unlimited」β版

freeeカード Unlimited β版

法人向けに、企業成長を支援するための統合型ビジネスカード「freeeカード Unlimited」β版の提供が2021年秋から開始されるのだそうです。


このカードは、統合型クラウド会計ソフトを開発する会社による日本初のビジネスカード発行で、決済機能と業務システムが双方向にデータ連携し一体となって機能するようで、「freeeカード Unlimited」β版は創業期のスタートアップを主な対象として提供され、本日既に申込受付が開始しています。

freee finance lab株式会社は、2019年からクレディセゾンと提携し、ビジネス向けのクレジットカードを発行していたのですが、freeeカード Unlimitedでは、freee自身がイシュとなり、freee会計などの実績を活用し、与信管理などを行なうことで、限度額は最大3,000万円までカバーするのだとか。

続きを読む

日本経済の閉塞感

日本列島

気が付けば、アベノミクスが始まってからもう8年目に入ったのですね。

名目GDP、株価、企業収益、雇用などの面では、確実に経済の回復が見られているとはいえ、成長率は依然として非常に低いままで、生産性の伸びがないことが低成長の基本的な要因であるといってもいいでしょう。

しかも少子高齢化の中で労働も資本も拡大が望めない日本ですから、将来への期待感が弱く、消費も投資も一向に振るわない状況に陥っていますね。

デフレマインドで壊れた需要サイドを修復するため、 アベノミクスでは踏み込んだ財政金融政策を行い、それなりの成果を上げたとはいえ、いくら需要を刺激してみたところで、供給サイドがついてこなければ経済は順調な拡大を続けることはできません。

経済の成長というのは、需要と供給の両面がそろってはじめて健全な経済が成り立つわけで、残念ながら、現在の日本は生産性の伸びの低さが供給サイドの制約となっているのです。

ただでさえ人材が不足しているのですから、今後の日本を見据えると労働生産性を高めるような動きがとても必要となるわけですが、残念ながら日本企業の動きは非常に鈍く、先進国との差がどんどんと広がっていくという助教かにありますね。

少子高齢化のますます進んでいく日本に、輝かしい未来はやってくるのでしょうかね?